山車と屋台

2015年、静岡浅間神社の山車「暫車(しばらくぐるま)」と
「木花車 (このはなぐるま)」を修理しました。


・車輪を新調、車軸を修復
・前山幕、三方幕を新調
・彫刻(鶴)を修復

日本の伝統的な祭礼を彩る山車。
地方によっては屋台・曳山・祭車などと呼ばれています。
私たちは、「伝統技法の伝承」を経営理念として、
山車の修理・修復を行っています。
それぞれの土地の先人たちから現在の私たちに
大切に受け継がれてきた「山車」
”日本の伝統文化と伝統技術の素晴らしさ”と共に
次の世代に伝え受け渡すこと 
これが、静波伝統技法研究社の使命です。

山 車・屋 台・壇 箱(だんばこ)

山車本体の柱、虹梁、斗組などの構造部材の新調・修復を承ります。また、壇箱は主に知多型の山車の正面前山にある「山車の顔」大小様々な彫刻がはめ込まれています。解体修理、彫刻の修復・彩色などご相談ください。




お見積り & お問い合わせ

漆塗り

日常使いの家具などは、ウレタン塗装が一般的となった現代ですが、山車や神輿は、やはり天然漆塗り以外には考えられません。ウレタン塗装の寿命は約5年ほどと言われ、それを過ぎると急激に退色します。漆塗りは5年かけて硬化し、何百年単位の長い時間品質を保ちます。また、表面はもちろん下地も漆で仕上げたものは、次以降の修復・塗り直しが早く・容易にできます。次の世代に引き継ぐものだからこそ、本物の塗りにこだわるべきと思います。

堅地下地黒漆呂色仕上

変わり漆

木地呂漆

下地作業

金箔一号色

木地呂きじろ漆の完成です。黒に見えますが毎年少しずつ
深みを増してきれいな木目が浮き上がります。

お見積り & お問い合わせ

刺 繍(ししゅう)幕

豪華絢爛な刺繍幕は祭りの顔、地区や町内の誇りでもあります。私たちは、図柄や構図、生地の色から糸の色までお客様のご希望をお伺いし製作いたします。熟練の職人の手仕事で一糸一糸、手縫いで仕上げます。


相良刺繍
糸をループ状に固定する、
非常に手のかかった仕上げです。


お見積り & お問い合わせ

足 廻(まわ)り・車 輪・車 軸

山車の運行を支える車輪・車軸・護摩(ごま)。車軸の取替え、車輪の締めなおしなど、日々のメンテナンスもお気軽にお申し付けください。




お見積り & お問い合わせ

台 輪

山車屋台すべての重さを支え、なおかつ勇壮さ・力強さを示す台輪。天然乾燥、幅2尺以上の在庫がございます。当社は東京営林局の入札許可を持っており、直接国有林の入札に参加しています。

お見積り & お問い合わせ

山車彫刻

私たちの木彫刻は10年以上乾燥させたけやき材を使います。しっかりと乾燥した木材は反りが少なく、職人のノミに真っ直ぐに応えます。山車を彩る脇障子・欄間・懸魚・額などのあらゆる山車彫刻を承ります。







お見積り & お問い合わせ

錺(かざり)金具

山車・神輿・各種錺(かざり)金具の製作・修復いたします。また、大型の金物(台輪兜金)なども承ります。



錺金具の製作技法・仕上方法は非常に様々です。

お見積り & お問い合わせ

綱・紐・房・御簾

山車用曳き綱、面紐、幕房、御簾など各種製作いたします。染め綱や染め房、特殊な撚り方のものも対応いたします。御簾は文字入れや刺繍も可能ですので、ご相談ください。

(上)【さつま入れ】
(下)【うまれつぼ】
見た目も美しく、『さつま入れ』よりも丈夫な工法です。



お見積り & お問い合わせ

吹流し・竿(さお)

山車の頂を飾る梵天(ぼんてん)、吹流し。芯材に竹を巻き、本漆で仕上げた竿は丈夫さとしなやかさを持ち、激しい山車の揺れをしなやかに吸収し、その華麗さを表現します。


芯材は桧(柾取り)に竹を巻いた竿断面。漆堅地仕上35工程。

お見積り & お問い合わせ

太 鼓・太鼓台・太鼓掛け

祭り用・寺院用太鼓 各種取り扱っております。また、太鼓に合わせた太鼓台・太鼓掛け製作、張替えもいたします。




太鼓の張替えの様子です。今では、一尺八寸以上の太さの太鼓は貴重なものとなっています。張替え時に、細すぎる鋲を使用すると、次回の張替え時に太鼓本体に針が残ってしまい、これが炭化すると木を痛めてしまいます。太い鋲を使用すれば、木に残ることも無く、太鼓を長い間使い続けることができるのでおすすめしています。

お見積り & お問い合わせ

染 幕・幟(のぼり)

染め抜き幕や幟の修繕・新調をお見積りいたします。

お見積り & お問い合わせ

神 輿・神楽台

神輿や御神楽、鳳輦(ほうれん)台の修理・新調をお見積りします。


装 束・面

装束や面の修理・復元・新調。麻材などの染めも承ります。


復元新調 
桧一枚板 胡粉仕上

お見積り & お問い合わせ

人 形

山車用人形の販売とレンタルを承ります。

歌舞伎の有名な演目「矢の根(やのね)」の主人公「曽我五郎(そがのごろう)」を当社の仏像製造技術により製作する山車用人形です。

人形頭部・手部は彫刻職人の手で製作。目には玉眼(ぎょくがん)というガラスを嵌(は)め込み、表情の力強さを演出。

衣装は京都西陣織物の職人の製作とし、胴体は当社の木工技術を活かし、より人間に近い立ち姿に。

従来の山車人形とは違う歌舞伎を彷彿(ほうふつ)とさせる躍動感あふれる山車用人形です。

【レンタルサービス】
10万円/1週間(取り付け・取り外し作業費込み)、
その他はお問い合わせください。
【販売について】
ご予算や題材や大きさなどに応じて製作いたします
(参考価格200万円~)

お見積り & お問い合わせ

トップページに戻る